み み みらくる ミクロンロン(^_^;)

[ 2009/09/30 22:16 ]
 …下のほうじょうの情報は完全に無視してくれて構いません…
 続きは「More...」で!!←これも久し振り…

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。本日のトラックバックテーマはプレゼントつき!そんな今日のテーマは「がんばれ!と応援したい人・モノ」です。今回のトラックバックテーマは、映画「風が強く吹いている」の試写会ご招待のプレゼントつきです映画「風が強く吹いている」は、普段マラソンとあまり関係のなかった8...
FC2 トラックバックテーマ:「がんばれ!と応援したい人・モノ」






 今更このテーマのトラバ記事ネタもないと思うかもですが、遅れたのはこちらの諸般の事情であって、決してサボってた訳ではありません…多分…

 さて、自分が「がんばれ!と応援したい人・モノ」はまあ、このブログの趣旨から来れば当然これですよね。

ミクロマン200X

 新製品の発表も絶えて久しく、後続のアッセンブルボーグやfigma、S.H.Figurertsなんかに水を開けられた感のあるタカラトミーの製品です。しかし、この製品なくしてこれらの製品は生まれ出てこなかったであろう事もまた事実ではないでしょうか。
 ミクロマンという製品自体がG.I.ジョーと並ぶ関節可動フィギュアの代名詞みたいなものですが、正直言うとG.I.ジョーに比べれば可動域は少なく、狭い感は否めなかったのに、その大きさを生かした乗り物とのセット展開で一躍男児玩具界の雄にまでのし上がった時代を築いた玩具ですね。
 それがどれほどの影響力を持っていたかというと、製品の展開が停止していた時点は復刻版の展開がなされ、新時代の製品企画として「マグネパワーズ」が投入されるや、番台もベータミゼットなる類似商品を展開するという感じで…ただし、当時の価格等の様子を見ればマグネパワーズよりはミゼットの方が技術的には上手だった感があります。関節の可動域もミゼットの方が多かったし。
 しかし!!
 そこにタカラ時代のタカトミがいきなり撃ってきた「爆撃砲」はそれまでの手の平サイズのフィギュアの常識を千切っては投げると言うような思いきったものだったのです。それが後に「ミクロマン200X」となる各種のフィギュアだったわけです。初めは全く別ラインだったのですが、同じ素体を使っている事もあって、シリーズの定着を期にラインナップを統一した訳ですね。
 ミクロマン200Xは当時の主流だったガンプラなどのロボットフィギュアモデルに見られる「手首パーツを複数付ける事での手の表情付け」を手の平フィギュアに持ち込んだ先鞭であり、それらは後発の各種フィギュアシリーズに於いても堅持されている事からいかにこのシリーズが先見の明を持って作られていたかが判ると思います。
 但しこの頃からのタカラの運営システムのぶれ加減が大きくなってきた事もラインナップの展開を見ると容易に見て取れますね。なんと言っても「対決相手がなおざりやおざなりな扱い」だった事がそもそもの原因。ミクロマン200Xのオリジナルシリーズには「対決要素」が色濃く持ち込まれたにも拘わらず、キャラの設定に比べて製品が今一だったり…
 その一方ではミクロアクションシリーズが対決要素のあるキャラなのにライバルが置き去りだったりとか…「タツノコファイト」にベルク・カッツェやブライキング・ボスが出なかったり「ガオガイガー」にピッツァやソルダートJが出なかったり…ウイングマンに到っては赤と青まで出てるのに黄色が出ていない為、必殺技「デルタ・エンド」が再現出来ないという有様…「ミクロマン200X」のシリーズ冠こそ頂いていないにせよ、ヤッターアクションシリーズもドロンボーが3人揃わないし…orz…
 と言う具合に「片手落ち」「中途半端」な展開もファンを大いに引き離してしまい…加えて当初からの不満の1つである「初期不良の多さ」もそれに拍車を掛けて…orz…
 とまあ、展開的に絶望感漂う「×キャラアイテム」になってしまった感はありますが、それでも可動に関して言えば他の後続製品の追随を許さぬものがあります。特に買ったものに手を加えることなく「正座」のポーズを自然に取らせられると言うのは同じ二重関節フィギュアのS.H.Figurertsにも出来ていない快挙です。
 タカトミさえやる気になればいくらでも資産はあると思うので、品質に拘る「Made in Japan」の徹底、価格に拘る「徹底した低価格」、展開に拘る「途中頓挫の追放」と「えう゛ぁ離れ」を実現する事が出来るなら市場は復活するはずです。キャラだってアニメ1つ取ってもゾイド有りしゅごキャラ有りポケモンありと、資産に事欠かないはずですが…今は特撮でレスキューファイヤーとかもある訳だし…
 それと、ミクロマンでなら「ファイヤーボール」のキャラを全員出せるはずです…特にゲデ…figmaサイズじゃでかすぎですもん…orz…顔の造作に難があったりする、など、欠点も数ありますが、それでも自分にとってのマストアイテムです。
 あと…これが言いたいんですが…
 ファンが求めているものと製作スタッフが要求しているものに明らかな温度差があるのですが、製作スタッフはそのお陰で非常に大きな×たまを抱えてしまっています。「不採算」「赤字」と言う…
 でも…

 ばかじゃん。(あむちー声で)
 自分が作りたくないもの作ったってそんなの誰が見たってわかるじゃん。映画公開されるから取り敢えず作りました、みたいな品物じゃ買う方だって敬遠するに決まってるじゃんか。そんな自分勝手な独り善がりで商品作っても誰も買ってくれないよ。
 それよりもちゃんとみんなの声に耳を傾けなよ。みんなの欲しいものの声に1つづつ応えて行けばいいじゃん。最初にこのシリーズを出した時、買ってくれた人の思いをもう一度思い出してみなよ。
 趣味の品物って言うのは買う人に1人に1つづつの想いが込められるんだよ。その想い1つ1つが重なっていって…それが「信用」と言う大きな宝石になって帰ってくるんだ。
 今は苦しいかも知れないけど、本当の気持ちはみんなミクロマンを待ってるんだよ。儲けなんて「信用」が積み上がっていけばだんだん出てくるものだから。形ある品物に込められているのは「形のない、でもそこに確かにあるもの」なんだよ。

 さあ、みんなでネガティブハートにロックオン!!

 みんなでミクロ開発スタッフに「ミクロヘルプ」と言う名の「オープンハート」をしてあげましょう。
 僕らのココロ アンロック!!

 ミクロマン200Xは自分がフィギュアを買い集めるようになった切っ掛けであり、今でもその魂は不滅のものであると信じています。いや、他にも応援したいものはありますよ。勇者シリーズとか放課後ティータイムとかボカロとかミクZ4とか…特にミクZ4は今期の参戦状況が最悪なパターンを辿っているだけあって最も気になる代物ですが…
 いや、別にミクとミクロマンとを掛けている訳ではありませんよ?確かにシャレにならない悪循環が続いていますが…orz…


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

-
管理人の承認後に表示されます
[2009/09/30 22:52]
伊波ちゃんなう
WORKING!!のTwitterブログパーツ 本人用。
Presented by Wagnaria
ついったーなう
公式で伊波ちゃんが出たので。
Presented by Wagnaria
プロフィール

えびとろあなご蒸し(3人のしゅごキャラのマスター)

Author:えびとろあなご蒸し(3人のしゅごキャラのマスター)
 当ブログでの画像使用は「製品の販売促進」目的での紹介のために貼り付けてあります。画像の使用で著作権に悪影響を与える事を目的としているわけではありません。

 って言うか、そんな事で訴えられる筋合いはないです!!と言うよりもそれでは著作権の過保護じゃないんですか!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
動画付きAmazonアフィリエイト用ブログパー
ブロとも一覧
初音ミクnano
初音ミクnyano
踊る初音ミク